トップページ > 心拍数を計測し有酸素運動かどうか判断する

心拍数を計測し有酸素運動かどうか判断する

心拍数を計測し有酸素運動かどうか判断する

有酸素運動によって体を動かす事も勿論重要ですが、その際の呼吸を考える事も大切となります。運動時の正しい呼吸法を身に付ける事で、ダイエット効果を高める事になります。その呼吸法とは、腹式呼吸です。

 

普段我々が生活している場合は、胸式呼吸となっています。一方腹式呼吸は、胸式呼吸よりも体力を消耗しにくい為、運動する際には有効な呼吸法となります。

 

その方法とは、お腹を膨らませるようにして呼吸吸い込む、というものです。これを行うことで呼吸量や速度を調整しやすくなります。また、呼吸の際の注意点としては、深い呼吸を意識するという事です。

 

こうする事でより体の筋肉が刺激されるので、運動効果が高まるからです。勿論、必ずしもこの呼吸法でなければならないという訳ではありませんので、それぞれがしやすい呼吸法があれば、そちらを実践するのが望ましいと言えます。

 

腹式呼吸を心掛けることでダイエット効果は高まりますが、無理にこれを実践する必要はありません。あくまでも自分のペースで運動を行うのが有酸素運動の大切な事なので、やりやすい呼吸法を優先しましょう。