トップページ > 悪玉菌も腸内細菌の一種

悪玉菌も腸内細菌の一種

悪玉菌も腸内細菌の一種

悪玉菌と言われる腸内細菌について考えてみましょうか。腸内細菌というのは大きくわけて3つにわけることができるのです。それは悪玉菌、善玉菌、日和見菌というようにわけることができます。この3つの中で最もその数が少ないというのは悪玉菌になるのです。しかし、身体にとってとても悪影響を与えてしまう細菌なのです。

 

腸内細菌というのはこの3つの菌のバランスがうまく保たれることによってはじめて体調が整っていくものなのです。そして、その腸内細菌のバランスというのは日々変わっていくものだとされています。悪玉菌として一般的に知られている腸内細菌といいますと、大腸菌やウェルシュ菌というものがあります。大腸菌というのは腹痛や下痢を起こしてしまうという作用を持っている細菌になります。

 

一方で、ウェルシュ菌というのは食中毒を引きおこしてしまう細菌となっています。主に魚や鶏肉、牛肉の中に含まれているといったことが多く、汁物の料理には注意が必要だといえるでしょう。また、集団食中毒の原因となってしまう細菌もこのウェルシュ菌というもので、給食菌というような別名もあるくらいなのです。その特徴といいますと、加熱処理に耐える能力が高いということがあげられます。

 

他の細菌であれば死滅してしまうという加熱処理であったとしてもこのウェルシュ菌だけは生き残るとされるほどの強さを持っているのです。このような悪影響をもっている腸内細菌の影響によって下痢などの症状がでてしまうと、その下痢によって腸内に存在している善玉菌もまた身体の外に排出されてしまうのです。ですので、さらに腸内では悪玉菌が増えていく条件というものが整っていってしまうことになるのです。

 

現代では日本人の食生活というものも欧米化してしまったということがあります。米食中心だったものが肉食が中心となっていくにつれて肉に含まれているウェルシュ菌などの悪玉菌といったものが日本人の腸内に増殖していくといった機会を多くしているといったことがあります。

 

腸内で悪玉菌が増殖しているといった状態が続いてしまうことで、大腸がんへ移行していくといったことのリスクもでてきてしまいます。ですので、できる限り腸内細菌を整えていくということが必要になってくるのです。そうしたときにはできるだけ善玉菌に良いされる食事をとるなどの努力が必要となってきます。